リフォームを定価の7割引きで買うための1つの法則。
リフォームを定価の7割引きで買うための1つの法則。
ホーム > 美容関連 > ボディクリームの効果的な塗り方

ボディクリームの効果的な塗り方

冬に気になる乾燥肌。手入れをしているつもりでも、手のひらや、すね、肘などカサカサが気になる人も多いと思います。ボディクリームを塗ることも、乾燥肌を改善する方法のひとつですが、間違った塗り方をして効果が半減していることもあります。

 

間違った塗り方とは、お風呂上りにタオルで体を拭いてからボディクリームを塗ることです。ボディクリームはお風呂上りにタオルで体を拭く前に塗ることが大切です。体を拭くと、その時点で乾燥が始まってしまいます。

 

その後にボディクリームを塗っても遅いのです。また、体を拭いてから時間が経てばたつほど、乾燥の度合いが進みボディクリームの効果も減少していきます。大事なのは、タオルで体をかるく拭いてから乾燥が始まる前にすぐにボディクリームを塗ることです。こうすると、体の水分はボディクリームでふたをされることによって閉じ込めることができます。また、濡れた体にボディクリームを塗ると、使う量も少量で済むので良いです。

併せて適度なダイエットで体を絞っておくことで、とても魅力的なボディが完成します。

 

お風呂上りに体を拭いて、パジャマを着て暖かい部屋でゆっくりとボディクリームを塗るというのも至福の瞬間かもしれませんが、ボディクリームはお風呂上りにすぐ濡れた体に塗ることがおすすめです。